君の位置は:トップページ >旅行ガイド

梵浄山旅行ガイド

梵净山従来の名前は三山谷であり、山西五台山、四川峨眉山、安徽九華山、浙江普陀山とおなじような五つ有名な仏山である。梵净山へ行く目的はただの肺を洗浄するたびでも言える。ロープウェイで上から下まで行く途中で森の変わる様子を見ながら、綺麗な空気を一口で吸い込んでとても気持ちよい。そして、段階を8000階登って、意志を鍛えて、克服してからの楽しい気持ちを沸いてくる。貴州キンシコウと鳩の花を見ながら、頂上まで行くのはとても楽しい。頂上に行くとキノコの石、赤い雲金頂上が全て見えるようになって、とても綺麗である。

一番良い旅行時間

春(3-5月)、4-5月、沢山のツツジの花が咲いているため、梵净山の一番美しい季節である。

夏(6-8月)、滝が流れていて、鏡の様に深いであり、地上高1600メートルにある。落葉樹と松木が多いである。黒湾河滝、太平河の漂流がとても楽しい。雨降る季節が5-8月である。雷雨が常に降っているため、雨具と厚い服を持つ必要である。

秋(9-11月)、カラフルな世界に入るように感じる。地上高が変わりながら、目の前に赤い、黄色い、紫色、緑などの色が現れる。旧暦八月十五日ごろ、天気が晴れて、日が出ると月が沈む事をみるのは一番楽しい。

冬(12-2月)、全てのところが白いである。雪が梵净山に更なる綺麗に見える

服装ガイド

頂上の天気が直ぐ変わる。いつでも長袖を用意するのは必要。夏には薄いコートを持って、春と秋が厚いコートを持つのは必要である。夏には雨具を持つのは必要である。頂上には風が強いため、レンコートが傘より実用的である。冬、山を登るのは直ぐにドライになっている服と厚い服が必要である。ロープウェイで頂上行くのは薄いコートとスポーツ服が必要である。