君の位置は:トップページ >旅行地概要

貴州梵浄山国家レベル自然保護区紹介

梵浄山は貴州省東北部の銅仁地域にある。地上高2572メートル、武陵山脈の主峰であり、国家レベルの自然保護区であり、国連の人と生物圏の保護メンバーである。総面積は567平方メートルである。

原始の洪荒は梵净山の特徴である。全般の形式が山勢雄大、山と山が重ね、渓流が縦横に流れて、飛滝が懸潟してくる。看板となる景色は赤い雲金頂上、月鏡山、万メートル寝ている神様、キノコの石、万券経書、九竜池、鳳凰山などがある。

生態環境

梵浄山の地形が複雑であり、環境が直ぐ変わるため、グローバルで希有な生物多様性拠点になっている。科学考査資料によって、山に2000種類余り植物があって、国家保護植物が31種類があり、一級保護植物が6種類があり、二級保護植物が25種類がある。森の中にはハンカチの木、栂の木、ブナの木、黄楊の木等44種類木がある。

原始森には種類多く、まもなくいなくなる国家保護動物がいる。例えば、貴州キンシコウ、蔵頭目サル、ウンピョウ、スマトラカモシカ、ツキノワグマ等がいる。中には貴州キンシコウが地球の一人子と言われているて、800頭余りしかいない。国家の重点保護の希有動物である。

仏教文化

梵净山仏教が唐時代から始めて、明時代にビックとなった。明時代万暦に立てている敇賜碑には梵净仏山が天と地の間に立って、崩れない山といわれている、古い時代から今まで、唯一な栄誉が高い山であるため、世の中に有名な山のナンバー1と称されている。

梵净山は古い時代から仏家に弥勒道場と言われている。赤い雲金頂上の日と月の出ることを中心として、大きな四つ皇家寺にある四十八軒覚庵組が回りに囲まれている。赤い雲金頂と月鏡山の間には正殿の承恩寺と四、五衛星殿で角の形になって、頂上の二人の仏様に供する。

赤い雲金頂上は仏山のコアである。頂上に二つ殿があって、二人の仏様がいって、限らない仏の世界である。極楽天宮の建設は南宋時代である。白蓮社が世の中にある浄土といわれて、それはこの建設のポイントである。これは名山仏教発展史上の奇跡であり、赤い雲に支えている希有な花である。

梵净山の謎のような自然現象と人類の遺跡は科学分野に地球と人類の宝物と言われている。物教では同体大悲の菩薩の考えが世の中に現れるものと看做している。

中国仏教協会の会長一誠大師が梵净山に弥勒道場の字を書いて贈呈した。中国仏教協会の副会長、秘書長の学誠法師が梵净山が中国五番目の仏教の名山であるというスピーチを発表した。五台山の文殊菩薩道場、峨眉山の菩薩道場、九化山の地蔵菩薩道場、プトウ山の観音菩薩道場と同じ地位がある為、中国仏教名山といわれている。

仏光は梵净山に一番特有な奇観である。太陽が東から出る時や、西に沈む時には、人々が太陽の雲に七色光の巨大な光環が見える。その様子は神様が光に座ってているように見える。景色はとても綺麗である。

信頼される部署より発表されたデータによると梵净山は中国の名山の中で仏光を出る頻度が一番高いところである。

風習文化

貴州は山が多いであり、大きな山より断れているため、少数民族も多くなっている。梵净山及び周りにはトゥチャ族、トン族やミャオ族、コーラオ族等の民族が住んでいる。梵净山は綺麗な女性のように見える。この綺麗さはここに安心的に暮らしている少数民族から生まれてきている。沢山の物語りがあって、沢山の伝統的な行事もある。これで安心的に生活している。貴州は山が多いであり、大きな山より断れているため、少数民族も多くなっている。梵净山及び周りにはトゥチャ族、トン族やミャオ族、コーラオ族等の民族が住んでいる。梵净山は綺麗な女性のように見える。この綺麗さはここに安心的に暮らしている少数民族から生まれてきている。沢山の物語りがあって、沢山の伝統的な行事もある。これで安心的に生活している。

武陵山には古い時代からつたわれた巫、追儺文化は長江の中上流にある謎のような追儺文化の代表である。自然に尊敬することを魂としての蛮夷文化は今、梵净山に完璧出来に保存されている。何処に行っても、綺麗に謎のようなここに暮らしている人の習慣に感動される。

傩戏は芝居の活化石といわれている。仮面を掛けて、出演する宗教劇である。二三千年の歴史の中で、刀梯を上る、火海に投げる、紅山を開く、赤すきの刃を踏む、釘を食べる等の出演がある。傩戏の仮面は楊木或いは柳木で作っている。白楊木は軽くて、割れにくい。柳木は闢邪の物で、芸の人は柳の木で仮面を作るのは魔よけ吉を招くの意味である。仮面の作るのは綺麗であり、特別である。旅行の記念品として、一番良いです。