君の位置は:トップページ >新たな金頂上

新たな金頂上

新たな金頂上の地上高は2336メートルであり、垂直高さの差は百メートルである。三つの頂上中に一番険要な一つである。朝は常に赤い雲に恵まれているため、赤い雲の金頂上にも呼ばれている。発音は“幸運頂上”と似ている。幸運が恵まれているを意味する。新金頂上の上半部分は“金刃峡”に二つ独立な山を分けられている——二つの山は南にある釈迦殿、釈迦に供える、北側には弥勒仏があって、弥勒仏に供える。南側と北側は大橋で繋がって、飛んでいる竜のように見える。赤い雲の金頂上は異なる角度から見ると違う画面が見られる。具体的には仏手の二指禪(中国功夫の一種である)に見えて、生命のトーテムにも見えているため、天下第一峰と称されている。